他サイトで使われているCMSや言語を調べるなら、ブラウザ拡張機能「Wappalyzer」

受託や自前のサイト制作で、かならず競合他社(者)をチェックするワカヤマです。

お仕事で参考サイトをチェックする時や、単純に気になるサイトがあったときに、

・今見ているサイトがどうやって動いているのだろう
・どんな技術で作られているのだろう
・どんな風に運用されているのだろう

などといったことが知りたいことがちょくちょくあります。

そんなときに役立つのが「Wappalyzer」というツールです。

 

スポンサーリンク

「Wappalyzer」について

「Wappalyzer」は、今見ているサイトで使われているCMSや言語を調べることができる、ブラウザ拡張機能です。
firefox、chromeにインストールして使うことができます。

以下のURLからそれぞれすぐにインストールできます。

Wappalyzer(Firefox版)
Wappalyzer(Chrome版)

インストールが完了すると、ブラウザ丈夫にアイコンが表示されるようになるので、
該当サイトを開いて、アイコンをクリックすれば、そのサイトの情報を見ることができます。

ブラウザに追加される機能なので、思いついた時にパッと見られて、すごく便利です。

使ってよかった事例

とあるWeb制作のお仕事で、「このサイトと同等の機能を実現したい」と相談をいただきました。
パッと見、なかなか規模が大きそうなサイトで、これはボリュームありそうだ、と身構えつつサイトをチェックしたのですが、
Wappalyzerで使用技術などを確認してみると、意外と某CMSで構築されていました。

おかげで既存のCMSカスタマイズレベルで実現できることがわかったので、そのときはWordpressを採用して構築。

結果的には、スタートアップ案件だったのもあり、コスト的にも納期的にも抑えることができ、満足度も高かった案件になりました。
もしスクラッチ開発だったら、倍以上のコストと工期がかかっていたと思います。

運用体制もそれなりに分かる

Wappalyzerは開発技術だけでなく、Google AnalyticsやAD Ebisなどのappalyzerや、AdSense・DoubleClick Ad Exchangeなどの広告ネットワークや広告配信システムについても調べることができます。

あの有名サイトはどんなツールで解析しているのかや、各メディアがどんな広告ネットワークや広告配信システムを採用しているのか、等を知ることで、運用体制をある程度想像することもできるかと思います。

 

受託制作でも、自前のWebサービスやブログを作る時でも、競合他社のチェックや動向を知るのはとても重要。
手軽なリサーチ手段のひとつとして、活用できるのではないでしょうか。

関連記事